現在
公開中!

お問い合わせ

045-929-0701

ハウスマルシェTOP > ハウスマルシェ アストラグループ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > <賃貸編>④店舗が隣り合わせで空室状態 この物件借りるべき?

<賃貸編>④店舗が隣り合わせで空室状態 この物件借りるべき?

≪ 前へ|<賃貸編>③選ぶべき仲介業者とは   記事一覧   <賃貸編>⑤テナント物件探しの際に最も重要なポイントとは|次へ ≫
テナントを借りる際に現地調査に行ってみると、ポータルサイトに載っている店舗の隣や近くに別の空室店舗が有った!なんていう話がたまに出てきます。このような場合多くの方が「不人気物件」と考えて物件への入居を見送る場合があります。ただ、物件の条件はほぼピッタリなのに他の店舗が空室だというだけで入居を見送るのは大変もったいない話です。
他の空室物件が気になる場合は、何故空室なのか理由を確認したいところです。その空室物件がそもそも賃貸募集をしていないことも有りますし、賃料が相場に比べ非常に高いため決まりにくいという場合も有ります。その他にも以前のテナントと退去時にもめて原状回復の交渉中だとか、残置物が放置されたままで撤去が借主負担などの場合は入居者が決まらなくなります。

このように近隣で空室の物件が有ったからと言って、その理由だけで「この物件は人気が無さそうだから入居はやめておこうかな」と考えてしまうと、直ぐに他の入居者が決まってしまうことなどはよくあることです。自分が考えていた条件にあった物件がある場合はあまり余計なことを考えずに入居を前向きに検討されることをお勧めします。事業系物件の場合、条件に近い物件の数はそれほど多くはありません。他の方に先を越される前に早めに動くことが事業成功の近道になりますので、自信を持って物件選びを行いましょう。
≪ 前へ|<賃貸編>③選ぶべき仲介業者とは   記事一覧   <賃貸編>⑤テナント物件探しの際に最も重要なポイントとは|次へ ≫

トップへ戻る